EDRの機能とメリット

EDRとはエンドポイントでの検出と対応を意味する、エンドポイントの監視によってサイバー攻撃を素早く検出して対処していくことを目的とした製品です。具体的な機能として、不正アクセスの有無を解析する不正侵入解析や検知した疑わしいプログラムを解析する詳細解析、外部の攻撃から守るファイアウォールなどが挙げられます。また、バックグラウンド処理によって最新版へと更新するソフトウェア自動更新や、ネットワークの切断やソフトウェアの非アクティブ化を行うシステム制御といった機能も備わっています。EDR製品にはさまざまな種類があるため、自社のニーズに合ったものを選択することが可能です。

製品によって検知機能や分析機能の精度などが異なるので、事前にしっかりと確認した上で比較検討すること欠かせません。エンドポイントを監視するEDRは異常を検知すると速やかに原因や被害状況に関する分析を行うとともに、管理者に対してもアラートを通じて知らせてくれます。ウイルスの感染を迅速に検知して分析できることは、EDRを導入するメリットになると言えるでしょう。また、攻撃の被害やウイルスの感染拡大を抑えられることも、EDRの導入によって得られるメリットの1つです。

ウイルスを発見したエンドポイントをネットワークから切り離したり、プログラムを強制的に停止させたりします。他の端末へのウイルスの感染を防ぐだけでなく、情報の流出の防止にも効果的です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*